スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07/05/01 - シーズン終了 ダイジェスト

2006-2007シーズンの最終月、5月の模様をお送りいたします。
リーグ戦では2位、カップ戦では準決勝まで進出したAtletico。
就任1年目の新人監督は、有終の美を飾れるのでしょうか…?

監督
「今頃になって胃が痛くなってきた(;´∀`)」
アシマネ
「シーズン終了までは我慢の子ですぞ!」

6日 【 vs Espanyol (HOME) 】

相性のいいEspanyolをホームに迎えての一戦。
前半早々にミスタの先制点が決まり、1-0
その後は追加点を奪えず、そのまま試合終了。1-0で勝利。

チーム
1 Valencia 85
2 Atletico 80
残り試合数:3

アシマネ
「Valenciaも勝ちましたな…」
監督
「怪我人だらけのVillarrealじゃ止めるのは無理か…(;´∀`)」

9日 【 vs Gimnastic (HOME) 】 - Copa del Rey 準決勝 2nd Reg -

第一戦は0-0のスコアレスドローで終了。
勝ち抜くには勝利するしかない戦い。

Gimnasticのフォーメーションは5-3-1-1。完全なドン引きカウンター戦術。
両サイドバックの攻撃参加を積極的にし、一方的に攻めまくる。
しかし固い…無得点のまま前半終了。自軍のボール支配率は70%を超えている。

このまま延長に突入かと思われた80分、Gimnasticがゴール前から特大カウンター。
パブロ(DC)が痛恨のクリアミス…ボールを相手FWに奪われ、そのままゴール。 0-1

もう総攻撃しかない。2-4-1-3にフォーメーションを変更。
85分、ゴール前の混戦からペトロフが同点弾! 1-1。あと1点、あと1点だ。
Atleticoの猛攻は続くがGimnasticも必死で守る。90分を経過し、ロスタイムは4分。

93分、ゴール20M手前でフリーキックを得る。蹴るのは名手ペルニア(DL)。
ボールをセットし、軽く助走。左足から蹴り出されたボールはゴール左隅へ!
ゴィーーン。無情にもポストに弾かれる。直後、試合終了の笛。
合計スコアは1-1、アウェーゴールでの敗北。

- Copa del Rey Semi Final -

日程 スコア 対戦相手 HA 得点者
04/18 0 : 0 Gimnastic A -
05/09 1 : 1 Gimnastic H マルティン・ペトロフ
トータル 1 : 1
アウェーゴールでGimnasticが決勝へ進出

アシマネ
「あと少しでしたね…」
監督
「選手達は良く戦った。リーグ戦に気持ちを切り替えましょう(´・ω・`)」

13日 【 vs Sevilla (AWAY) 】

Sevillaのフォーメーションは1-4-3-2。SWを採用したシステムである。
SWをデフォルトで使ってるチームは初めて見た…。

前半40分、フリーキックを直接決められ 0-1。 最近先制されることが多いな…。
後半80分、ゴール前でアグエロ(ST)が抜けだしてゴール。 1-1
2-4-1-3で必死に攻めるも得点は奪えず。ドローで試合終了。

チーム
1 Valencia 85
2 Atletico 81
残り試合数:2

アシマネ
「Valenciaが星を落としましたぞ!」
監督
「勝って3ポイント縮めるチャンスだったのだが…ε=(~Д~;)」

20日 【 vs R.Madrid (HOME) 】

ホームでのマドリーダービー。
引き分け以下でValenciaの優勝が決まってしまうため、絶対に落とせない試合。

R.Madridのフォーメーションは、ボランチを2枚配した4-4-2。
少し引き気味ではあるが、久々に正面からぶつかってくる相手。
前半24分、ゴールまで25Mの地点からマニシェのミドル。
相手GKが好反応を見せるも、弾いたボールはそのままゴールへ。 1-0

試合はそのまま後半へ。
攻めるR.Madrid、守ってカウンターのAtletico。
一進一退の攻防が続く中、時間だけが刻々と過ぎていく。

85分、エリア内で2人のDFに囲まれた相手FW。
角度の無いところから無理矢理シュート!嘘おおおおお。 1-1

94分、必死の全員攻撃も実らずタイムアップ。
Valenciaの優勝を告げるホイッスルがピッチに響き渡る。

チーム
Valencia 86
2 Atletico 82
残り試合数:1

監督
「(´・ω・`)ショボーン」
アシマネ
「無念です…」

27日 【 vs Villarreal (AWAY) 】

消化試合。
見るべき所もなく、スコアレスドロー。 0-0

これにて全日程終了。

全日程終了時のリーグ表は コチラ です。

INF チーム
CL Valencia 38 27 8 3 75 26 +49 89
2 CL Atletico 38 25 8 5 65 31 +34 83
3 CL Barcelona 38 24 9 5 74 32 +42 81
4 CL R.Madrid 38 21 13 4 58 23 +35 76
5 UEFA Betis 38 20 8 10 68 50 +18 68
6 UEFA Gimnastic 38 16 10 12 54 40 +14 58
18 Recreativo 38 7 7 24 27 60 -33 28
19 Levante 38 6 9 23 35 70 -35 27
20 Celta 38 6 9 23 29 63 -34 27

得点王:Samuel Eto'o (Barcelona)
年間最優秀GK:Santiago Canizares (Valencia)
年間最優秀監督:Quique Flores (Valencia)

3強が順当にCL圏内に入り、そこへAtleticoが食い込むという形でシーズンが終了。
残念ながら優勝には手が届きませんでしたが、就任1年目としては満足できる結果になったと思います。カップ戦は決勝までいきたかった…。

シーズン終了時点での選手達の 詳細データ を置いておきます。
評価トップはマニシェの7.47。シーズンを通して安定した活躍を見せ、低めの位置から攻撃を組み立ててくれました。MOM9回は見事。
逆に期待はずれだったのはフラード。といっても、怪我でほとんど試合には出ていないのですが…来期は試合数が増加するため、出番も増える予定。活躍に期待したいところ。

これにて2006-2007シーズンは終了。来期に向けて、選手達は1ヶ月ほどの休暇に入ります。
スタッフ達にとっては忙しい時期。監督も例外ではありません。
なにやら、きな臭い話もすすんでいるようですが…?

~監督室~
監督
「来期に向けて選手の補強を進めないとな…(´д`)」
アシマネ
「試合数も増えますからね。経営が赤字気味なので予算に期待はできませんが…」
監督
「補強の前に、B・Cチームの人員整理だな。データは揃ってます?(´∀`)」
アシマネ
「見込みのあるなしリストまでバッチリです。」
監督
「じゃ、さっそく始めますか。…大量放出の年になりそうだ(´ー`)」


スポンサーサイト

コメント

大健闘ですね

現実のアトレチコはインタートト止まりでしたが、
ボン次郎さんのアトレチコは2位ですか、素晴らしいです!
来季こそ優勝できると良いですね。

ありがとうございますっ

現実の方は、ペトロフとマキシの長期離脱がなければUEFA圏内に食い込めたと思うんですけどねぇ…残念無念でございます。

お陰様で、初年度は2位という成績で終わることができました。
新人監督にみんな良くついてきてくれました。ありがたや。
来期はカップかリーグ、いずれかのタイトル獲得を目指します!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://peace4ever.blog109.fc2.com/tb.php/11-628a9012

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。